世界三大宗教の文書保管場所

キリスト教、イスラム教、仏教…世界三大宗教が世界に広がったのは、
ひとえに弟子、信者たちが師の教えを忠実に伝えたからではないだろうか。
最近、手塚治虫のブッダを読み返してみて、ブッダの教えは弟子が口頭で伝えていったと描かれており、
ブッダの入滅後弟子が師の教えを書きおこしていったのだという。
文書保管されているからこそ、現代も三大宗教のひとつと数えられるまでになったのだろう。
それぞれの教えの説かれた経典などは、おもに聖地と呼ばれる場所に保管されているようだ。

コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。